RSS | ATOM | SEARCH
そういうの見えないタチなんで・・・(半幅帯の結び方ぁ
半幅帯の結び方、4回目は「矢の字」です。

その名の通り、「矢」という字に似ているから、矢の字。
平仮名の「や」や、「也」とする説も聞いたことがあるのですが、どちらにせよ・・・見えない・・・いや、私、3Dとか、幽霊とか見えたためしがないので。。そのあたりは気にせずにいきましょう。

リバーシブルの帯を使うと、おもしろい表情がでますよ。


手先を50cmくらいとって、半分に折り、肩にかけるか、ピンチで軽く止めておき、残り(たれ部分)を横向き三角に追って胴に沿わせ、2回巻きます。


たれを上にして、手先と交差させます。


そのまま結びますが、
 
たれを完全には引き抜かず、帯下から10cmほど残して締めます。


たれを下におろします。

  
手先の方へ、おろしたたれを内側に折り上げます。
(※たれの部分をピンチで留めているのは、撮影のためです)

  
たれの間に手先を通します。


手先とたれ先を持ち、軽く締めてから形を整えます。


結び目を持って右方向にまわしたら、完成。
緩みやすい帯地の場合は、帯締めで固定すると安心です。
author:mayudama, category:☆半幅帯の結び方, 21:44
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://antique-kinji.jugem.jp/trackback/585